本文へジャンプ
ホーム > イベント紹介 > TPP2019

 

イベント紹介

TPP - Together for Peace Power - 2019




開催概要
 
テーマ
「Re・rise Peace ~尊厳関係で創っていく平和~」

時間 開場 13:00
開演13:30~ 終了17:00予定
場所 東京ウィメンズプラザ・ホール
地図
料金 【一般】前売り…4,500円/ 当日…5,000円
【PBLS会員】前売り…4,000円/ 当日…5,000円





未来の予測も難しい人類の歴史的な変革期が迫る今の時代を、我々はどのように生きていけばよいのでしょうか?

このような変革期だからこそ、個人に求められる認識の変化と新しい人と人の繋がり、そして新しい組織のあり方について考えるきっかけを、皆さんと共有したいと思います。

平和の意味をRe・rise(次元上昇)し、令和の時代に日本から世界に発信する平和のメッセージを共に創りましょう。



     Re・rise Peace ライブ  
TPP ~Together for Peace Power~ のオープニングを彩る、スタイリッシュなエレキユニット「STORM」のライブパフォーマンス。
華やかな楽曲が新しい時代に皆様とともに創る「平和」の幕を開けます。


     Re・rise Peace トークセッション  
インタビュー記事掲載メディア“Re・rise News”との特別企画!!
Re・rise Newsでインタビューをした約600名の中から、新時代を創造するために様々な分野で活躍をされている方々をお迎えして、お話を頂きます。


     尊厳関係で創っていく平和  
TPP ~Together for Peace Power~ ムーブメントの提唱者である Noh Jesu氏をゲストに迎え、「尊厳関係で創っていく平和」のメインテーマを軸に講演をいただきます。
ここでしか聴けない、ここでしか出会えない、令和時代の平和のイメージにご期待ください!


 Re・rise Newsとは
  AI時代に人間にチャンスを提供し、まだ見ぬ未来から今をリライズする新時代創造マガジン。
人間の持つ本来の無限の可能性と機能を最大限花開かせる美しい時代を創っていく為に、既に活躍されている方々にお話を伺い、誰もが美しい時代を創る生き方を始められるヒントを提供していくことをコンセプトに、2018年9月に開設。 全国約150名の有志が、これまでに約600名以上の方にインタビューを実施し、記事を掲載している。
HP: http://rerise-news.com/





ゲストプロフィール
 


STORM

STORMはテクニカルなクラッシックやミュージカル、ポップ、オリジナル曲など幅広い楽曲と、ビジュアルやパフォーマンスにも力を入れたスタイリッシュなステージを繰り広げるエレキユニット。

2014年より開始したワンマンライブシリーズ「STORM THE LIVE」は全てがチケット即日完売となっており、その躍進は注目を集めている。その一つとして、東海テレビ昼の帯ドラマ50周年記念企画「ほっとけない魔女たち」劇中メインテーマ曲の演奏アーティストに起用され、STORMのためのアレンジが特別に書き下ろされるという、結成間も無いインディーズユニットとしては異例の待遇でのテレビデビューとなった。
2019年1月のフジテレビでの演奏を始めメディアでの演奏はもちろんの事、クローズドやオープンの企業パーティー、ファッションショー、セレモニーのBGMなどイベントでの演奏にも力を入れている。


宇宙一美しい奇跡の数式(0=∞=1)で
間の数式化に成功した令和哲学者
Noh Jesu(盧 在洙:ノ・ジェス)

NR JAPAN株式会社 代表取締役/ ピースプロダクション株式会社 代表取締役
日韓VISION同盟 韓国代表/ nTech 創始者

韓国テグ出身。嶺南大学環境大学院環境工学科卒業。
20年間武術と瞑想修練を重ね、韓国で武術道場と幼児教育会社を同時に経営。1995年来日。翌年、宇宙自然の根源である真実のイメージを発見、20年かけてイメージ言語とスクリーン原理を中心に認識技術「観術」として教育体系化に成功。現NR JAPAN(株)を設立。

人工知能が人類の知能を遥かに超える時代、人間の再定義を可能にした新しい教育と持続可能な経済循環を実現する完全組織システムを提案し、国際社会をリードする次世代リーダーを育成している。現在は、日本国内の活動からさらに韓国、米国へと事業を展開中。

【著書】
著書:『認識革命』『感動革命(上・下)』『コミュニケーション革命』『学校革命』『国家革命』『観術で聖徳太子「十七条憲法」を生かす』『観術で生かす日本の和心』『宇宙一美しい奇跡の数式』


 



Page Top